技能試験で使う工具セットの購入時の注意点とは?

電気工事士技能試験用工具セットの画像を表示しています。
技能試験用の工具セット
右下にあるワイヤーストリッパは必須アイテム

上記の写真にあるのは、電気工事士の技能試験で使う指定工具に加え、ワイヤーストリッパが追加された工具セットの一例です。

指定工具としては、ワイヤーストリッパは含まれませんが、この工具のあると、作業時間が大幅に短縮されます。

このワイヤーストリッパ一つで実は多くのことができるのです。


ワイヤーストリッパ

ワイヤーストリッパの画像です。
著者が使用したワイヤーストリッパ



この工具の基本は、ケーブルの被覆を素早く安全にむくための工具です。

指定工具のみだと、ケーブルの被覆むきにはナイフを使用します。

しかし、お世辞でも時間短縮どころか、扱い方によっては怪我をしやすいものです。

実際に試験中に怪我をして、止血困難で試験官に途中退場させられた例も過去にあるようですから、出来たらナイフは使いたくないものです。

幸いにも、このような便利な工具があり、技能試験での使用が可能ですから、このワイヤーストリッパを使わない手はありません。

しかし、それとはと別に、このワイヤーストリッパには、便利な機能が更に2つ加えられてます。


メジャーとしての機能

長いケーブルを切り出すのために測るのは別に、技能試験では10cm程度の長さを測ることが多くあります。

このような場合、一々メジャー(コンベックス)や定規で測るのも面倒な作業です。

しかし、ワイヤーストリッパを使うと、ケーブルを持ったままでも長さを測れるのです。

ラジオペンチ的な機能

技能試験では必ず加えられる「輪作り」という作業があります。

輪作りの作業はペンチでも作業は可能ですが、ペンチの先は大きいので、必ずしも扱いやすいものではありません。

特に手の小さい人だとペンチは大きいので、ペンチで行う細かい作業には不利になるとも言えます。

この場合の追加工具としては、ラジオペンチが扱いやすいのですが、そうなると持参する工具も増えることになります。

しかし、ワイヤーストリッパだと、そのラジオペンチの機能が先端部分に実はついています。

これによって、被覆をむいた後にラジオペンチに持ち換えることも必要なくなり、作業の時間短縮にもなります。


合否を分ける工具

このようにワイヤーストリッパを使うと、時間短縮が必要な技能試験では合否を分ける程の違いが生まれます。

なによりも、初心者には作業時間ギリギリに設定されている技能試験です。

道具一つで大きな作業時間の短縮になるのです。

工具をそろえる際、バラで買うとしても、セットで買うにしても、必ずワイヤーストリッパを含めることを推奨します。

セット売りの場合、指定工具のみの場合もありますから、その点は特に注意してください。

実際の使用については、下記に動画を載せておきます。