実際の試験会場での材料(ケーブル)の感じが違った時に備えること


第二種電気工事士の技能試験会場において、練習と違うことが発生することがあります。

その理由として、練習と実際の試験会場の環境の違いや材料に違いがあるためです。

そこで今回は、練習と実際の試験会場で体験した違いについて説明したいと思います。




試験で配布されるケーブルは柔らかい?


私が技能試験を受験した時、最も予想外だったのがVVFケーブルが柔らかかった事です。

受験までの間、市販の練習セットの材料で練習をしました。

VVFケーブルについても、まともに触ったのはこれが初めてであったため、この硬さが当たり前と思いつつ、なんの疑いもなく練習していたのです。

しかし、ケーブルはメーカーや品質によって硬さに違いがあり、それを受験後に知ったのです。

後に受験掲示板等を読んでみると、やはり試験で使われるケーブルを柔らかく感じる人は比較的に多いようでした。



試験でケーブルが柔らかく感じた時の注意点


これは実際にしくじってしまった話ですが、普段の練習は硬いVVFケーブルだったので、余分な力が入ってしまったことです。

試験開始時は多少なりとも意識しつつ、力を抜きながらケーブルの被覆をはがしてたものの、後半になるといつもの練習のクセで、力いっぱいやってしまいました。

しまったと思った時は手遅れで、芯線まで傷をいれていました。

仕方ないのでケーブルの逆側を引っ張り傷を隠したのですが、冷や汗ものだった事には変わりません。

どうしても注意力は低下するものなので、ケーブルが柔らかく感じた場合には多少意図的に作業スピードを抑えることが必要だったのです。

また、可能ならば、試験前に違うメーカーのケーブルを事前に切っておく練習もしておけばよかったとも思いました。



今後はガッシャン式のワイヤーストリッパーが技能試験の主流となるか?


とは言うものの、限られた時間内で試験対策の練習しかできないし、練習材料も多くの場合は練習セットを使う訳です。

試験対策の基本は、ケーブルの切れ具合よりも正しく結線が出来るかを覚えることが優先されます。

また、どのケーブルが硬くて、どのケーブルが柔らかいなどは、実務で電気工事等をしてないと、中々わからないものですし、そもそも技能試験対策で、違うケーブルの試し切りをした等の話を聞いたことはありません。

そう考えると、ケーブルの質によって切り方を変える練習は、試験合格の重要な要素とは言えないのです。

ただ、実際の試験会場では、このような予想外の出来事は起こることがあることは知っておくとよいと思います。

また、このような事態を事前に想定するとすれば、指定工具ではありませんが、幸いにも一発で綺麗にケーブルの被覆をカットできる工具はあります。

なので、最初からそのような工具を利用することを考えることものも、技能試験の対策になるでしょう。



工具選びも合否の要素

電気工事士の技能試験において、どのような工具を使うかは受験者の判断です。

言い換えれば、自分にあった工具を選ぶことも試験の範囲とも言えます。

自分の特性を知り、適切な工具を使うことこそ、この試験の重要なポイントとも言えます。

技能試験の本質は、指定された図面に従い、ルールに沿った加工を正確に行うことを見られています。

それ以上でも以下でもないのです。



関連記事:ガッシャン式のワイヤーストリッパーを技能試験で使うべきか?