第2種電気工事士の学習スケジュールについて

複線図の解答:ECEE過去問より引用


今回は、あくまでも個人的な見解です。

必ずしも万人受けする内容ではないことを、先に断っておきます。



資格取得で目指すことは最短最速の合格

資格とは一つの技能評価であり、最低限度の能力を証明するものです。

そのため、資格そのものが技量を評価する物差しではありません。

つまり、資格とは取得できるか否かでしかなく、個人の知識の深さや技量の深さの有無を判断することは不可能です。

資格の前提がそうである以上、無駄な勉強をする理由はありません。

単純に合格することが全てです。


受験理由は職場の要望が大多数

第2種電気工事士の試験を受験する理由は様々ですが、その中でも傾向的に多いのは、会社で取るように言われ、受験することになった人です。

実際、受験時に提出するアンケートの集計を見ても明白です。

その一方、取りあえず会社で取ってくるように言われてはいるものの、社内には基本的に有資格者は沢山いるし、持ってない方が少ないことが。

そのため、急いで第2種電気工事士を取得する必要がある人は少ないと思います。

そんな中、これからどんな風に電気工事士の勉強方法でも始めようかと、このブログに見てる人も多いでしょう。

と言うわけで、せっかくご覧になって頂いているので、実際に私が受験した時に感じたことから、少しでも楽に独学で合格出来る勉強方法を、お伝えしたいと思います。





複線図が書けなければ合格できない

第2種電気工事士の資格を取得しようとした場合、その中でも絶対に覚えないと合格しないものがあります。

それは複線図の書き方を覚えることです。

筆記試験では、複線図の問題はさほど重要ではありません。

しかし、技能試験では必須。

しかも、ミスしたら即アウトと言ってもいいものになります。



試験問題は単線図

技能試験では、どんなに綺麗な加工能力があっても、図面の指示通りに加工しないと合格できません。

その指示図面、つまり技能試験の問題は、単線図で出題されます。

それを作業用の図面である複線図に変換しないと、正確な加工はできません。

つまり、複線図が書けなければ、問題が読めないとも言えます。

問題が読めなければ、試験に合格することはありません。


実際に出題された問題:ECEEより引用





複線図の書き方

例えば、新築の家屋があった場合、家の設計の一つとして、電気配線の図面があります。

電気は2本以上の電線でつながってはいますが、図面上は1本の線で書かれています。

2本で書いてくれたら良さそうですが、ごちゃごちゃになるので、わかりやすく1本で書かれています。

図面は何も電気屋だけが見るものではありません。

全体像を理解しやすくするため、可能な限りシンプルに書かれています。

そのため、現場で単線図を複線図に読み換えられないと仕事になりません。

だからこそ、電気工事士の試験に出るのです。



複線図の書き方はルールを覚えたら簡単

複線図の書き方は、ルールに正しく沿って書けば確実に書けるようになります。

ここで一々書くよりも、まずはYouTubeの動画を見てもらった方が早く理解できると思います。

その中でもシンプルで、一番理解しやすいものを、下に載せておきます。






実際の現場で複線図を書くことはない

ただ、実際に現場で複線図を書いてる人は見たことはありません。

何故なら、複線図の書き方を理解しとけば、複線図を書かなくとも、実際のケーブルを見ながら頭の中で複線図が書けるからです。

電気工事士の技能試験では問題として単線図が配られますが、単線図を見ながら複線図をイメージしながら作業をすれば、実は試験でも、複線図は書かなくても作業できます。

実際、私は複線図を書かずに受験をしましたが、特に問題なく作業が出来て試験時間も余ったほど。

それでも合格してますから、必ずしも技能試験で複線図を書かなくても、問題はないと思います。


技能試験で複線図を書かない方法がある

実は偶然見つけたのですが、技能試験で複線図を書かない方法を教えてくれる動画があります。

電気工事士奪取プロジェクトと言うもので説明されていてます。

実際、この動画を元に私は練習をしましたが、何の問題もなく、技能試験に合格しています。

むしろ、試験時間に余裕があったくらいなので、この方法は一押しです。

参考ながら、説明動画を下に貼っておきます。







技能試験で複線図は書かなくてもいいが、複線図が書けることが必須には変わりない


ここまでの話を読むと、「別に複線図は書けなくても問題ないのではないか?」と思うかもしれませんが、それは違います。

何故かと言えば、複線図を書く手順で実際の電線を接続しているだけだからです。

そのため、複線図の書き方を知らなければ、正しく接続作業は出来ません。



願書提出から試験までの流れ

第2種電気工事士の願書を出したら行う順序としては、

  1. 動画で複線図の書き方を見て軽く覚える
  2. 参考書等を買って複線図の書き方を正確に覚える
  3. 筆記試験の勉強を開始

筆記試験の勉強方法は省略しますが、学習期間は1ヶ月程度あれば十分です。

試験終了後、自己採点で合否はすぐにわかると思います。

その時点で、技能試験までの期間は約2ヵ月。

それから練習セットや工具を購入して練習を開始しても、準備期間としては十分です。

その上で、実際の試験では複線図が不要な実態複線図で技能試験の練習をすると、かなりスムーズに進むと思います。

電気工事士の試験では電気の理屈を知ることも大切ですが、実際は試験では施工能力を見る技能試験が主体です。

これは理屈ではなく、繰り返し練習することが一番大切です。

頭で考えるよりも、体で覚えるつもりで繰り返すことが、電気工事士の試験の特徴と言っていいと思います。

技能試験用マルチツール


ひとつで7つの作業を実現する万能技能試験用ツール。手の平サイズのため女性でも扱いやすく、少ない力で確実に作業できます。小型のため、工具ケース内・作業机の場所も取りません。