DIYでTVアンテナやブースター交換


今まで映っていたテレビが、急に映りが悪くなった悪くなった場合、屋内ケーブルとテレビの接触不良が原因の事が多いものです。

特にノイズっぽいものが画面に出る時は、まずは接続口(接栓)をグリグリ回し、何度か押し込むといいでしょう。

それで解決しないなら、次に疑うべきポイントとしては、アンテナの方向やケーブルの異常、そして自体の老朽化などが原因として疑われます。

アンテナやケーブルの見た目に異常がなくても風雨にされられているため、摩耗等で中に水が入り錆びている事もあるからです。

また、ブースターによって受信電波を増幅している場合も、ブースター自体の老朽化が原因の増幅不良等もあります。

ただ、基本的に何か一つが老朽化が原因の場合、可能ならアンテナ付近の部品については全て交換する事が無難です。

部品を一ヶ所交換しても全体的に老朽化は進んでいるので、いずれ他の故障の発生の可能性は高くなるからです。

迷ったら、基本的に全交換がベストだと思います。

その場合、街の電気屋さんは融通も効くので、近くの電気屋さんに交換を頼む事をお勧めします。


DIYで交換する場合

取り付け方については、アンテナメーカーのホームページを確認する事が一番です。

たた、いざ見てみると専門用語が多く記載され、あまり初心者向けには書かれていません。

もし、読んでわからない場合、ホームセンターで尋ねる事をお勧めしたいと思います。

ホームセンターに行く前には、まずは交換すべき全体的な現在の設置状態を確認しておきましょう。


確認ポイントは以下の通りです。
  • アンテナが向いている方向と素子の向き
  • アンテナのエレメント数
  • アンテナからテレビまでのケーブルの長さ
  • ブースター選び

それでは、これらの理由を解説していきます。


アンテナの方向と素子(棒)の向き

テレビの放送電波は送信所から送られています。

その方向にアンテナを向ける事で、よりよく電波を受信出来ます。

テレビの映りが悪いようなら、アンテナを左右に振る事だけでも受信感度の調整が出来ます。

もし、屋根に登り、自身でアンテナ交換をするつもりなら、部品を買う前にアンテナを左右に動かして見ましょう。

実はこれで解決する事もあります。

アンテナは風によって動く場合もあるので、これは基本中の基本の確認作業です。

また素子(棒の向き)縦や横の向きも重要です。

変に傾いていないかを確認し、近隣の家のアンテナと見比べ、もし違ったら同じ向きに合わせて見ましょう。


水平と垂直の理由について


総務省より

電波は意図的に、水平に飛ばしたり、垂直に飛ばしたりしています。

簡単に言うと、水平で発射した電波は、水平のアンテナで受信します。

この向きが合ってないと、アンテナ方向が合ってても、電波の受信できません。



アンテナのエレメント数

下の画像はAmazonで間に合わせましたが、エレメント数の違いは簡単に言えばアンテナの長さです。

長くなるので短い棒が沢山つけられ、受信感度が上げられます。

つまり、エレメント数(素子数)が増えると受信感度が上がります。

その分、長くなりますが、受信状況の改善で最初にすることはアンテナを高感度のものにする事です。

注意点としては、電波の受信感度が悪い場合、単に増幅器(ブースター)を使うだけではノイズも増幅してしまうので、受信状況が改善されない事もあります。

詳細はメーカーのホームページの説明を参照して下さい。



アンテナとテレビまでのケーブルの長さ

なぜ、アンテナとテレビまでのケーブルの長さを知る必要があるかと言えば、アンテナから受信した電波(信号)をテレビまで送る間に減衰するからです。

一般的な家庭の場合、多くは心配無用ではありますが、複数の部屋にテレビがあって、アンテナケーブルがある場合、それらの長さも影響します。

基本的にな、長くなればなるほど、減衰量は大きくなります。

昔のアナログテレビの場合、多少減衰しても見られてましたが、地デジになってからは、一定水準の信号が入らなくなると見られなくなってしまいます。

そんな事もあって、電波の受信感度がよくても、余裕を持たせるため増幅器(ブースター)を付ける事もあります。

ブースター選び

以上の前提から、ブースターを選ぶ事になります。

また、ホームセンター等で部品を購入する場合、以下の情報を持って行くと、スムーズに店員さんが対応してくれると思います。

まとめると、
  • 居住地域とアンテナのサイズ
  • テレビの台数とケーブルの長さ
  • 現在使用中のアンテナの写真、または近隣のアンテナの写真
これらの事柄から、大体の推測ができるので、後は店員さんに任せる事をお勧めします。

今では通販で簡単に部品購入は可能ですが、間違って部品購入をするのは大きな痛手です。

テレビアンテナを初めて交換、または取り付けを行う場合、できるだけ地元の電気店やホームセンターで取り付け方法を見たり学んだ後に、DIYでする方が良いとは思います。

また、テレビアンテナの設置や交換は高所作業を伴うので、転落しないように気をつける事が一番大切です。

脚立などの足場については十分に良いものを使用して下さい。


技能試験用マルチツール


ひとつで7つの作業を実現する万能技能試験用ツール。手の平サイズのため女性でも扱いやすく、少ない力で確実に作業できます。小型のため、工具ケース内・作業机の場所も取りません。