④電工2種の技能試験対策

限られた環境での試験

電気工事士の独学において、一番の難関技能試験の対策です。

その理由として、技能試験においては実際の電材を使用して、制限時間内に正確に加工(回答)しないといけません。

筆記試験と大きく違う点としては、一つミスで不合格になる事です。

なので技能試験とは、限られた時間材料を使用して、ミスのない正確な作業を行う事です。

独学でこれらをマスターし試験に合格するには、正しい教材選びが出来るかが全てです。

技能試験とどう向き合い、そしてどのような教材を選ぶ事が合格に近ずけるか、このページでは紹介してみます。




技能試験対策の種類

様々な技能試験への対策方法がありますが、独学の場合には大きく分けて、以下の
選択ができます。


公的・民間の技能試験前の技能対策講座を受講

技能試験前になると様々な職業訓練施設で、1〜3日間の技能対策の夜間や土日を使った受験準備講座が開かれます。

これらの受講で受講するメリットは、講座に参加すれば、確実に合格するコツをマスターできることです。

技能試験で正しい合格のコツをマスターしなければ、いくら闇雲に練習しても合格から遠ざかるものです。

最終的には自分で練習を積み重ねる事になりますが、コツをマスターした上での練習をした方が効果的なのは言うまでもありません。

技能試験まで間もない場合や学習時間が取りにくい人には講座受講がお勧めです。


WEB講座(動画)やDVDを見ながら自分で練習を繰り返す

講座に参加したいが、受講日の都合がつかないと行った場合、技能試験対策用のWEB動画やDVD講座があります。

これらの内容は講座受講と同じく的確に試験対策のコツをつかむ事ができます。

動画の利点として、理解できなければ何度も見返せるので、ゆっくり確実に理解をしたい人には講座受講よりも個人的にはお勧めです。


最も重要なの技能対策

技能試験の試験問題は単線図で出題されます。

その単線図を元に、複線図に書き直して実際の作業を開始します。

つまり、(単線図 → 複線図) にする事が技能試験での最初の作業(問題)と言えます。

複線図が書けなければ作業を進められません。

そうした事から、加工の練習よりも複線図を書く練習は最優先すべき項目と言えます。

複線図の問題は筆記試験でも出題されるので、筆記試験が終わるまでには複線図の書き方は必ずマスターすることをお勧めします。

複線図の練習ノートの画像です。
隙間時間を利用して複線図の練習でも十分